スポーツによる腰痛(骨への影響)

体にとって必要な適度なスポーツによって起こりうる腰痛

骨に異常がみられる疾患

「スポーツによる腰まわりにおこりやすい障害・症例」として、腰椎すべり症と腰椎分離すべり症、腰椎・骨盤可動性亢進、骨折の場合を詳しくご紹介します。

腰椎すべり症と腰椎分離すべり症

分離症とは腰椎の関節の一部が疲労骨折を起こしてしまい、椎体の一部が前(腹部)側にすべってしまいます。これによって脊柱管が狭くなり神経を圧迫してしまったり、腰椎前弯が強くなり腰の負担が増加してしまったりします。接触プレーで体に大きな衝撃を受けることが多い場合に骨の弱さが生じやすいです。腰を反らせた状態で後からタックルされたりすると腰の過剰な伸展を引き起こし、骨折のリスクを高めるので注意が必要です。レントゲンで骨、弯曲の配列を確認し軽度であれば経過観察(保存療法)、分離骨折を起こしている、あるいは重度の場合には手術による固定が選択されます。

腰椎/骨盤可動性亢進

体操競技やバレエなど過度な柔軟性を要求されるスポーツや、体のぶつかり合いが激しいラグビーなどで、関節に繰り返し大きなストレスがかかると関節が一方向にゆるくなることがあります。あるいは大きく転倒し、腰や骨盤をぶつけた時などにも起こります。関節を支える靭帯がゆるくなって関節が不安定になる分、周りの筋肉がそれを支えようと異常な緊張を起こすため、筋肉痛のような痛みや、思う様に力が発揮できない筋力低下の状態などになります。靭帯を引き伸ばして損傷してしまった場合、安静と固定が必要です。また、動きすぎている関節に隣り合う関節は動きが悪くなっていることが多く、それがさらに関節へのストレスを増してしまう原因のひとつになります。強い疼痛が治まり、予防の段階になったら偏りのある関節の動きを無くしていくことが、再発防止につながると考えられます。

骨折

スポーツ中は、衝撃として大きな力が体にかかってきます。また繰り返し動作によって、背骨の同じ場所にストレスがかかることで、椎骨の一部に疲労骨折が起こることもあります。

外傷性骨折

衝撃による骨折(肋骨や骨盤、股関節など)

椎骨圧迫骨折

必要以上のストレスが腰にかかったときに、椎骨の前側に亀裂が入り、圧迫されたようにつぶれます。レントゲンで確認できます。症状は背中あるいは腰の痛みです。症状が起こらない人もいます。その他の例としては高齢者の骨密度が低い胸椎に起こりやすいです。

骨折時には痛みを伴い、立ったり歩いたり長時間座ったりすると痛みが悪化します。脊椎を軽くたたく検査を行なうと強い痛みが感じられます。骨折による脊髄や神経の損傷が起こると感覚消失やまひが生じることがあります。脊髄損傷が疑われる場合は慎重に対処することが必要です。痛みのコントロールをしながら装具固定、安静、早期のリハビリにより復帰を目指します。重度の場合は手術が選択されます。