子供の腰痛

子供に起こる腰痛の主な原因

椎間板ヘルニア・側弯症・脊柱分離症など

一般的に小児の腰痛は起こりにくいと考えられていて、子供の腰痛には病的なものが背景に隠れていると考えるべきだと言われていました。しかし最近では、成人の腰痛発生率とそこまで差がないという報告もあるようです。

腰痛の原因

スポーツをよく行う子供であれば、筋肉の使いすぎや軽い損傷が筋肉に起こったとき、あるいは転んで腰をぶつけた後などに腰痛が起こることが考えられます。また、偏った姿勢、運動不足などの生活態度が悪影響を与え腰痛を引き起こすこともあります。しかし、一般的に成人に比べ腰の骨や筋肉、体の組織がとても柔軟で回復力も高いので、十分な休息をとれば腰痛が悪化することは少ないと考えられています。

急に起こった腰痛の場合は注意が必要です

はっきりとした原因なく、子供が腰痛を訴える場合は注意深く様子をみてみましょう。安静にしていても痛みがある、足にしびれがある、力が入りにくい、排尿の困難さがある、歩くとふらつきがある、夜に痛みで目が覚めてしまう、などの危険信号が見られる場合は早急に対応しなければなりません。その場合、椎間板ヘルニアや脊柱分離症や側弯症による神経の圧迫、股関節の問題などが考えられます。

椎間板ヘルニア・側弯症・脊柱分離症など

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアを起こす頻度はそこまで高くありませんが、足にしびれが出たり足の力が入らない状態になります。10代の子供に多い股関節の問題は単純性股関節炎、ペルテス病、大腿骨頭すべり症などが挙げられています。股関節に問題が起こると体重をかけられなくなったり、歩行がうまく出来なくなってしまいます。その結果、腰への負担も増えて痛みの範囲が骨盤周囲に広くなる可能性があります。

側弯症

側弯症は軽いものであればほとんど特別な症状は発生しません。しかし、側弯の角度が徐々に大きくなってしまうと体のバランスに左右差が生じると腰の筋肉が無理に緊張して痛みを出すことはあります。

脊柱分離症

脊柱分離症はスポーツなどで体に大きな衝撃がかかったときなどに腰の骨の一部が骨折してしまうことで起こります。これも骨の状態によっては神経を圧迫することもあります。