関節にまつわる腰痛

骨と骨をつなぐ重要な役割を担う関節が影響する腰痛

シュモール結節・椎体内ヘルニアの原因と治療

シュモール結節とは、椎体内ヘルニアのことです。椎間板には、クッションの役目をする中心のジェル状の髄核とそれを周りで覆っているコラーゲンたっぷりの線維輪とがあります。線維輪や髄核が突出した状態(後側方向)を椎間板ヘルニアといいますが、背骨の椎体と呼ばれる部分に髄核が陥入した状態(上下方向)をシュモール結節といいます。

原因について

原因は発達途上で軟骨終板に抵抗減弱部があるためと言われています。多くは無症状ですが、まれに椎間板由来の疼痛や神経症状がでることがあります。

治療について

治療は、無症状であれば何もする必要はありません。シュモール結節による疼痛や神経症状がある場合は、整形外科の受診をおすすめします。

仙腸関節性腰痛の原因と症状と治療

骨盤には、対をなす仙腸(せんちょう)関節と呼ばれる部分があります。仙骨と腸骨で形成される関節なので、仙腸関節です。この仙腸関節に問題があると、腰痛の原因になることがあります。

症状について

仙腸関節の痛みは、この関節周囲のほか、骨盤から片側の鼠径部の前面(足のつけ根)や、殿部の後面、大腿後外側から膝に放散されることがあります。転んだ時にしりもちをついたり、重たいものを持ち上げた時に腰をひねったりした場合、それがきっかけとなることがあります。また、妊娠中や産後では、靭帯の弛緩によって仙腸関節が不安定になっていることがあります。急性の関節捻挫では、非常に強い痛みを感じます。 骨盤には、対をなす仙腸(せんちょう)関節と呼ばれる部分があります。仙骨と腸骨で形成される関節なので、仙腸関節です。

診断や治療について

整形外科では仙腸関節障害を正確に診断することは難しいようです。つまり、積極的な治療は行なえません。なかなか良くならないときは、代替医療を試してみるのもよいでしょう。

関節の可動性が減少している場合、関節を動かしていくことで改善が見込めます。骨盤矯正でよくなるのはこの場合です。関節の可動性が亢進している場合(妊娠中や産後すぐなど)、骨盤矯正では逆効果です。固定が必要になってくるため、骨盤ベルトの着用が症状を和らげてくれます。どちらの状態か分からない場合は、WHO基準のカイロプラクティックをおすすめします。

椎間関節性腰痛の原因と症状と治療

背骨と背骨の間には、椎間関節と呼ばれる部分があります。腰骨の椎間関節がぶつかって負担がかかっていると、腰痛の原因になることがあります。

症状について

背骨とその周りや腰の部分だけでなく、殿部や太ももの後や外側にも痛みが感じられることがあります。関連痛と言われる鈍い痛みが特徴的です。身体を動かすたびに痛みを感じることが多く、腰を曲げ伸ばしなどでズキッと痛みが出ることがあります。腰を後ろに反る動作で痛みが出ることが多いようです。(間欠性跛行が特徴的な脊柱管狭窄症も、腰を反らせる方向で増悪するので注意です)。

治療について

治療ですが、整形外科ではレントゲン上問題がない場合は、痛み止めや湿布を処方されることになります。また、足にしびれがあると言うと、椎間板ヘルニアと診断されることがあります。椎間関節になんらかの問題があると気づいてもらえると、ブロック注射や牽引をされるかもしれません。

しかし、椎間関節の動きの悪さで腰痛がおきている場合、レントゲンにはうつりません(静止画だから)。整形外科へ行ってもなかなか良くならないときは、代替療法を試してみるのもいいかもしれません。特に、関節に直接アプローチできるカイロプラクティックは効果的です。